カード規則・細則

東北大学生活協同組合 非接触ICカード(FeliCa)細則

第1章 目的

第1条(この細則の目的)

この細則は、別途定められた「東北大学生活協同組合 ICカード規則」(以下「ICカード規則」)に基づき、東北大学生活協同組合(以下「東北大生協」)が、非接触ICカード(以下「FeliCa」)に付加して提供するサービスをFeliCa組合員が利用する場合の細則について定めるものとします。

第2章 FeliCaによるプリペイド機能の利用

第2条(プリペイド利用方法)
  1. FeliCa組合員は、POSレジスターで入金の登録を行うとともに、リーダーライターで、FeliCaICチップに入金額を記録することができるものとします。
  2. FeliCa組合員は、記録された金額の範囲内で、東北大生協の指定する店舗(以下「指定店舗」という)のFeliCa対応機器にてプリペイド決済を行い、物品購入およびサービスの提供を受ける事ができます。
  3. FeliCa組合員は、FeliCa組合員証の紛失・盗難・汚損・破損(再発行の届出を経て手続きが完了したものを除く)や返却、不正利用による利用停止、東北大生協を脱退し組合員でなくなった場合のいずれかに該当した場合、前2項の機能を利用する事ができなくなる事を承諾するものとします。
第3条(ミールカードとプリペイド機能の併用)
  1. ミールカード利用組合員(=「MealCard holder」 以下「MCH」)は、東北大生協の定めるミールカード1日利用限度額を超過した場合、FeliCaに記録された金額の範囲内で、プリペイド決済を行う事ができるものとします。
  2. MCHは、FeliCa組合員証の紛失・盗難・汚損・破損(再発行の届出を経て手続きが完了したものを除く)や返却、ミールカードの解約、不正利用による利用停止、東北大生協を脱退し組合員でなくなった場合のいずれかに該当した場合、前項のミールカード機能を利用する事ができなくなる事を承諾するものとします。
第4条(プリペイド利用の限度額・手数料等)
  1. 東北大生協は、入金限度額及び1回あたりの入金単位、プリペイドの1回あたりの利用眼度額を理事会にて定め、これをFeliCa組合員に通知するものとします。
  2. FeliCa組合員のプリペイド利用手数料は無料とします。
  3. 入金額に対する利息は、利用の有無、入金期間を問わず発生しないものとします。
第5条(プリペイド利用できない場合)

FeliCa組合員は、次の場合には、FeliCaの利用ができないことをあらかじめ承諾するものとします。

  1. カードの盗難・破損、指定店舗の端末機の故障、停電等によりFeliCaを利用することができない場合
  2. 指定店舗が、FeliCaの利用ができない商品及びサービスを指定している場合
  3. 臨時販売所等で、POSレジスター等の店舗端末が設置できない場所の場合
  4. その他、東北大生協の責によらない事情等で、止むを得なくサービス提供を停止せざるを得ない場合
第6条(プリペイドの紛失・汚損等)
  1. FeliCaの汚損・破損により、プリペイド金額の読み取りができなくなった場合、または記載内容変更により再発行を受ける場合は、FeliCa組合員は「ICカード規則」第7条にいう再発行の届出を自ら行うものとします。
  2. FeliCa組合員がカードを紛失し、または盗難にあった場合は、「ICカード規則」第6条及び第7条にいう手続きを自ら行うものとします。紛失には、Tuoカードについては本人の規則違反による回収、機械トラブルを含みます。
  3. 前項においてFeliCa組合員等の故意又は過失によらない場合に限り、当該カードにプリペイド未使用残額がある場合、生協は当該未使用残高を確定した後に、再発行されたカードにこれを記録するものとします。
第7条(返金の禁止)
  1. FeliCa未使用残額の返金は、組合員脱退等の事由により、FeliCa組合員がFeliCaの使用を停止し、東北大生協所定の手続きによってFeliCaを生協に提示した場合を除き、行わないものとします。
  2. 第6条第1項にいうFeliCa未使用残額の返金は、生協が未使用額を確定した後に、所定の方法により行うものとします。

第3章 FeliCaによるポイント機能の利用

第8条(ポイント利用方法)
  1. FeliCa組合員は東北大生協所定のポイント発生率により、FeliCaにポイントを蓄積することができます。蓄積されたポイントは東北大生協所定の基準に基づいてポイント券として発券されます。
  2. FeliCa組合員は、このポイント券を金券もしくは応募券として、東北大生協が指定する店舗で利用することができます。
第9条(ポイントが蓄積できない場合)
  1. FeliCa組合員は、FeliCa組合員証の盗難・破損(再発行の届出を経て手続きが完了したものを除く)、指定店舗の端末機の事故、POSレジスター等の店舗端末が設置できない臨時販売所等でFeliCaを利用することができない場合、および停電等、東北大生協の責によらない事情で、止むを得なくサービス提供を停止せざるを得ない場合は、FeliCaの利用ができないことをあらかじめ承諾するものとし、この場合はポイントが蓄積できないことをあらかじめ了承するものとします。
  2. 理事会で定めた支払い方法によらない利用の場合は、ポイントが蓄積できないこともあらかじめ了承するものとします。
第10条(換金の禁止)

東北大生協は、第6条によって発行されたポイント券を現金と換金することは行わないものとします。

第4章 細則の改廃

第11条(細則の改定・廃止)

当規則の改定・廃止は、東北大生協の常勤役員会において行うものとします。

2010年12月1日 施行
 2011年12月1日 一部改定